☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・

■病気入院を機に生涯係わる病院とくすりとの人生!
数回にわたる入院生活。闘病生活を上手に前向きに過ごすにはどうすれば!?
私はこうして病気と付き合っている。






スポンサードリンク

血流改善・美肌効果に「血めぐり」・「シトルリン」で血流効果に注目が・・・?!

2008年の注目素材は「シトルリン」…血流改善や美肌効果!
体内浄化“めぐりブーム”一翼を担うのではと期待されています。
コレは、・・・
協和発酵が販売しているサプリメント「リメイク シトルリン
野生のスイカなどに多く含まれるアミノ酸の一種「シトルリン」の血流改善効果が注目されている。
昨年8月に厚生労働省から、食品としての使用が認められたばかりの新成分で、
今春にも食品・飲料メーカー各社からシトルリン入りの商品が発売される見通しだ。
↓↓
シトルリンは体内に吸収されると、一酸化窒素(NO)を作り出すメカニズムに関与して、血液の流れを改善する効果が確認されている。
動脈硬化は血管に老廃物などが付着して血管が厚く硬く変化して血液の通り道が狭くなる現象だが、NOは血管壁に老廃物が付着するのを防ぐ働きがある。
血管が広くなると、血液はスムーズに流れ、栄養分や酸素が順調に細胞に届けられるため、新陳代謝の活性化や美肌、筋力強化、冷え性改善などの効果が期待できるという。

現在は協和発酵が素材を供給。
シトルリンは医薬品として認可された後に食品での使用が認められた4つめの素材。
これまでコエンザイムQ10、Lカルニチン、α−リポサンの3つが認可されているが、いずれも食品やサプリメントとしての商品が発売された後、ヒット商品となっている。
昨年から「本来のあるべき姿を取り戻すための“プラスマイナスゼロ”」の健康意識が浸透しつつあると指摘する。
↓↓
具体的には、体内の代謝をアップさせたり体内の循環を改善することで、体の中から健康を作り出すという考えだ。

06年に発売された日本コカ・コーラの「からだ巡茶」のコンセプトは「体の巡りに気を遣うことで体の中からキレイ」。永谷園や養命酒などが「血めぐり研究会」を立ち上げるなど、めぐりをキーワードに体内からの健康作りを提案する動きが活発化。
シトルリンは“めぐりブーム”拡大に寄与しそうだ 。


☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 15:15 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品

中国産餃子から毒性?「メタミドホス」が及ぼす病名は・・・?

日本中にあっという間に広まったニュース!
われわれのごくごく身近な商材から、・・・
>>中国産冷凍餃子による、毒性混入事件。
13社70商品に疑いが・・・?商品の回収撤去が始まっているが、
↓↓
34都道府県で400人以上=「健康被害」申告。
■中国製“毒ギョーザ”被害申告500人に迫る勢い

■<中国製ギョーザ>各地で不安の声 学校給食で除外の動きも

■列島ギョーザパニック 冷凍庫に残ってませんか 大阪市内4社に販売

↓↓
>> メタミドホスとはいったい・・・?
■メタミドホス
有機リン系農薬。神経毒を有する、サリンの親戚。化学式 C2H8NO2PS。
日本では、かなり昔に使用禁止になっているが、中国では最近使用禁止になったばかりであった。
2008.01.30、中国製冷凍ギョウザを食べた家族が中毒になり、一般にはこの事件によってメタミドホスは広く知られるようになった。
↓↓
神経系に作用し、摂取すると下痢や嘔吐、寒気などを伴う急性中毒症状が出る。
体重1キロ当たり約0・01ミリグラムで中毒を発症。
02年に中国産冷凍カリフラワーから、基準値を超える量が検出された。
日本では使用が認められておらず、中国でも食品への混入や残留で食中毒を発症する事件が相次いだ。
中国当局は今年1月9日付の通達で「毒性が強い」として国内での生産、流通、使用を禁止した。



☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 08:28 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。