☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・

■病気入院を機に生涯係わる病院とくすりとの人生!
数回にわたる入院生活。闘病生活を上手に前向きに過ごすにはどうすれば!?
私はこうして病気と付き合っている。






スポンサードリンク

食べて治癒力アップ!食生活の偏りが“うつ病”を引き起こす・・・!? ・・・って、ご存知でしたか!?

食べて治癒力アップを・・・!!
食生活の偏りが“うつ病”を引き起こす・・・!?
・・・って、ご存知でしたか!?
↓↓
やる気がおきない、物事に興味がわかないなど「気分障害」のひとつであるうつ病
特に就職や転勤など、環境が変わるこの時期はうつ病になりやすいといわれています。
↓↓
しかし・・・、実はそのうつ病、普段の食生活と深くかかわっていることをご存知でしたか・・・!?
あまり知られていないうつ病と栄養の関係

◎たんぱく質と炭水化物中心の食事が、心の安定を乱し、うつ病の原因に・・・!?
1:神経伝達物質の不均衡がうつ病をもたらす。
2:肉や左官を多くとり炭水化物は少なめに。

つまり、「うつにならない為には、たんぱく質を多くとり、炭水化物はごく少量にすることです。
フランス料理のコースを創造するとわかりやすいでしょう。
前菜から始まり、メインは肉か魚料理。パンはほんの少ししか食べませんよね。
コレをヒントに毎日の食事を組み立ててみると、うつにならない食生活がおのずと実践できると思います。」
うつが心配な方、・・・まずは食生活から見直してみてはいかがでしょうか・・・!?
↓↓
◎血糖値の安定は最低条件!(糖質の摂りすぎには注意)
安定したメンタル所帯を保つには、血糖値を安定させておくことが最低条件です。
ただし、注意したいのが、甘いお菓子で血糖値をあげようとすること。
仕事や家事の合間にお菓子を食べる人も多いかと思いますが、甘いものを摂ると血糖値が急上昇するため血糖値が乱れてしまい、うつ病を助長しかねません。
あまり知られていませんが、血糖値を緩やかに上げて、一定期間保たせるには、たんぱく質と脂質を積極的に摂る事です。
ちなみに例として・・・疲れたときは甘いお菓子の変わりにたんぱく質と良質な脂質、糖質をバランスよく含むアーモンドを食べるようにする。うつ病を防ぐ為にも糖質摂りすぎにはくれぐれも気をつけたいものです。

↓↓
☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 12:25 | 福岡 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | うつ病!

気象病!桜咲くこの季節に雪が降る「寒暖の差」が影響を・・・!?

気象病!とは一体・・・!?
桜咲くこの季節に雪が降るなど「寒暖の差」が+−10℃もの影響を・・・!?
↓↓
◎気象病(Meteorotropic disease)とは・・・!?
気象の変化によって発病したり、病状が悪化したりする病気、すなわち病状の変化が天候と密接に結びついているような病気をさして「気象病」と呼びます。
別名お天気病と呼ばれたりする場合もあります。
↓↓
人の体は、気象の変化に対して調整機能を発揮しますが、その調整能力が不充分な場合には、いろいろな心身変化が起こり、これが病気にまで進行してしまうことがあります。
気象病を起こすような気象条件としては前線、特に寒冷前線の通過やフェーン現象などが挙げられます。
寒冷前線が通過するときには風向きが急に変わったり突風が吹いたり、また前線の通過後は気温の降下や気圧の変化がみられます。
またフェーンに伴っては気温の上昇や気圧の変化、湿度の急変などがあり、これが気象病を引き起こす要因となると考えられます。
↓↓
気象病の典型的な例としては・・・!?
傷跡が痛んだり、リウマチ、神経痛、心筋梗塞、血栓、気管支喘息、急性虫垂炎、胆石、感冒、脳出血などがあります。
また難病の一つに数えられるベーチェット病の発作や自殺を含む精神障害なども気象変化と関係が深いと言われています。

>>広島県医師会では、ホームページで気象病(心筋梗塞・脳卒中)予防情報を発表しています。
詳細は、・・・こちらから!!

↓↓
☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 22:38 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気

くも膜下出血は脳卒中のひとつですがほかにも脳梗塞、脳出血なども心配ですが・・・!?

くも膜下出血脳卒中のひとつですが、・・・
では脳卒中の中にはどのような病名がふくまれているのでしょうかね。
↓↓
脳卒中」にはいくつかの種類がありますが、・・・
大きくは脳の血管がつまる「脳梗塞(のうこうそく)」と、脳の血管が破れて出血する「脳出血」や「くも膜下出血」に分けられます。

↓↓
☆血管が詰まる!
脳梗塞
脳梗塞脳の血管がつまったり、狭くなったりして血流が悪くなります。

↓↓
☆血管が破れる!
脳出血
脳の中の細かい血管が破れて出血します。

くも膜下出血
脳の表面の大きな血管にできたコブ(動脈りゅう)が破れてくも膜の下に出血します。

↓↓
☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・

posted by 健康に感謝 at 18:46 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気

試合前に倒れた巨人・木村拓也コーチのくも膜下出血とはいったい・・・!?

プロ野球のペナントレースがスタート!!

先日・セリーグ、広島球場で・・・
巨人の木村拓コーチ重体…試合前ノック中「くも膜下出血」!!
↓↓
巨人・木村拓也内野守備走塁コーチ(37)が2日午後5時30分頃、広島市南区のマツダスタジアムで突然倒れた。
対広島戦の試合前のシートノック中の出来事で、そのまま広島市内の病院に緊急搬送され、「くも膜下出血」と診断されて入院した。広島市消防局によると、緊急搬送時の同コーチの容体は意識不明の重体
だという。現役コーチがグラウンドで意識不明に陥る事態に両軍はもちろん、球界に大きな衝撃が走った。
↓↓
そばにいた捕手の鶴岡が同コーチの体を仰向けにし、異常を察した小笠原や阿部らナインが一斉にベンチを飛び出した。
同コーチはぐったりしたまま動かない。
その様子を見た広島の球団職員が5時40分頃に119番。
広島のチームドクターが心臓マッサージ、人工呼吸、自動体外式除細動器(AED)で心肺蘇生(そせい)措置を施し、その後に駆けつけた救急隊が同コーチを担架に乗せる。
その際にも、関係者が周囲からタオルを持って取り囲み、事態の深刻さをうかがわせた。
広島市内の病院へ緊急搬送された同コーチは、「くも膜下出血」と診断され、同病院に入院した。

1:そもそも、くも膜下出血とは・・・!?
2:くも膜下出血の治療は・・・!?
↓↓

☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 22:27 | 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。