☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・

■病気入院を機に生涯係わる病院とくすりとの人生!
数回にわたる入院生活。闘病生活を上手に前向きに過ごすにはどうすれば!?
私はこうして病気と付き合っている。






スポンサードリンク

アルツハイマー改善に朗報、「葉酸・ビタミンB12投与」で症状が改善をとの実証が・・・!?

2010年5月3日(月)の記事に次のような内容が発表されています。
アルツハイマー改善に朗報!!
葉酸・ビタミンB12投与」で症状が改善をとの実証が・・・!?
↓↓
 軽症期のアルツハイマー病患者にビタミンB群の一種の葉酸ビタミンB12を投与すると症状が改善することを、
見立病院(福岡県田川市)の佐藤 能啓 ( よしひろ ) 副院長(神経内科)が実証した。

 葉酸ビタミンB12が、アルツハイマー病の危険因子とされるホモシスチン(必須アミノ酸の老廃物)の血中濃度を下げることは従来の研究で明らかになっているが、患者の集団に投与して証明したのは初めて。

↓↓
 佐藤副院長は、同病院の軽症期の患者を対象に・・・
〈1〉葉酸を1日1錠投与する第1群(90人)
〈2〉1日に葉酸1錠とビタミンB12を3錠投与する第2群(92人)
〈3〉アルツハイマー病の薬として国内で唯一使われている「アリセプト」を投与する第3群(40人)――に分け、2005年から1年間観察。
重症度を示すミニメンタルテスト(30点満点で、値が低いほど重症)で効果を調べた。

↓↓
 この結果、観察前は第1〜3群とも平均20点だったが、1年後には、次の様な数字が・・・
第1群は23点に、第2群は25点に改善。一方、第3群は18点に悪化していた。
また、第1、2群はホモシスチンの血中濃度も下がっていた。

 さらに、第1群より第2群の方が改善していたことから、葉酸ビタミンB12を併用した方がより効果が大きいことも分かった。

 ただ、佐藤副院長が別に行った調査では、中等症期以上の患者に葉酸ビタミンB12を投与しても改善しなかったことから、発病早期にのみ有効とみられる。

 佐藤副院長は「根本療法にはならないが、病気の進行を遅らせるアリセプトしかない現状からみると、今回の知見は患者にとって朗報といえる。
アルツハイマー病が疑われたら早めに受診してほしい」と呼び掛けている。(大野亮二)

↓↓

☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 18:51 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アルツハイマー病
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。