☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・

■病気入院を機に生涯係わる病院とくすりとの人生!
数回にわたる入院生活。闘病生活を上手に前向きに過ごすにはどうすれば!?
私はこうして病気と付き合っている。






スポンサードリンク

インフルエンザ!感染しない!感染させない!早めの治療で重症化を防ぐ意識を・・・!?

寒さと乾燥が厳しくなる12月か下旬から3月上旬にかけて、毎年流行するインフルエンザ!。
この冬も流行が懸念される中、新型と季節性2種を混合した3価ワクチンによる予防接種が実施されている。
一方では国内で開発された新しい治療薬が登場しており、その効果が期待されています。
↓↓
>>そもそも、「インフルエンザ」とは一体・・・!?
>>風邪とインフルエンザの違いは・・・!?
普通の風邪は、さまざまな種類のウイルスなどが原因で起こりますが、インフルエンザはインフルエンザウイルスによって起こる病気です。
インフルエンザの場合は、症状が重く、ウイルスの増殖力や感染力が非常に強いことから普通の風邪とは分けて考えられています。
↓↓
>>では、新型と季節性の違いは・・・!?
インフルエンザウイルスにはA,B,Cの3つの型があり、人に感染し流行するのはA型とB型で、C型はあまり重症化したりはしません。特にA型のH1N1ソ連型と、H3N2香港型は大流行を引き起こします。
2009年冬に新型インフルエンザとして流行したのもA型ですが、これまで流行したA型とは粒子の表面の形が違った為、季節性ではなく「新型」として区別されました。
新型というのは、新しい形のウイルスで、多くの人が防御に必要な免疫を持っていない為、状況によっては非常に多くの犠牲者が出る恐れがあります。そのため新型として区別し、対応するようにしているのです。怖いのは、新型といわれるものが出現したときはみなが免疫を持たないので、大流行の可能性が高いということです。
↓↓
>>インフルエンザの症状とは・・・!?
38度以上の発熱、咳(せき)、くしゃみ、鼻水の呼吸器症状、全身倦怠感、筋肉痛、頭痛、関節痛などの全身の症状が短期間に現れ、しかも症状が重いのが特徴です。
とりわけ高齢者の方、呼吸器や循環器疾患、糖尿病などの基礎疾患のある方、また、妊娠中の方や乳幼児など小さいお子さん芋免疫力が低いので、インフルエンザのかかると重症化する恐れがありますから、十分な注意が必要です。
↓↓
>>予防策は・・・!?
インフルエンザ対策の基本は、流行する2週間前までにワクチンを接種することです。ワクチンの効果が鍛えできるのは接種後2週間〜6ヶ月ぐらいまでとされています。
今季、接種できるワクチンは、新型インフルエンザ、季節性インフルエンザ(H3N2)、B型の3つに効果がある3価ワクチンで、少なくとも1回は接種するのが望ましいと考えています。
↓↓
>>もしも、インフルエンザにかかったらどうすればよいか・・・!?
明らかに発熱、倦怠感を覚えたら受信をお勧めします。通常、インフルエンザは発熱してから5日ぐらいで治る病気ですが、治療薬を使うことで症状が軽くなり、早く治せます。また重症化を防ぐ為にも早めの治療が大事です。
現在、インフルエンザ治療薬には、内服薬、吸入薬、注射薬の3種類がありますが、どの薬剤も服用してから熱が下がるまでに平均で30時間から35時間ほどかかります。
いずれも「ノイラミダーゼ阻害剤」といわれるウイルスの増殖を阻害する薬です。
コレまでの内服薬、吸入薬は通常で5日間、服用することになっているのですが、 1回の使用で5日間、効果が持続する吸入薬の新薬が国内で開発され登場しました。飲み忘れを防止できるので、服薬コンプライアンスが守りやすく、患者さんの状態やライフスタイルに合わせる選択の幅が広がりました。
↓↓
最後に・・・
>>自宅療養で気をつけるエチケットについて・・・!?
家庭内感染を恐れるあまり接触を避けるなど、過度に神経質になる必要はありません。
特に小さいお子さんの場合はひきつけや脳症、お年寄りの場合は肺炎など、合併症の可能性がありますから、やはり注意深い観察は大事です。
また、せきやくしゃみの症状がある場合には、家族に移さない為にもマスクを着用することを心がけたいものです。密閉された室内では飛沫核が比較的長く浮遊しますから、ウイルスが部屋にこもらないように十分な換気も大切です。

↓↓
☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 10:41 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療最前線・インフルエンザ!

耳鼻咽喉科の病気、副鼻腔炎とはどのような病気でしょうか・・・!?

風邪を引いたときに、通常は病院は内科にいきますよね。
ところが今年は内科に行って風邪薬を調合してもらっても、市販の風邪薬を服用してもなぜかなかなか良くなりません。結局は1週間から10日ぐらいしてから同じ病院でも、耳鼻咽喉科にいきました。
するとこんな病名を告げられ、いくら風邪薬を服用していても病気は良くならないでしょうと、・・・
不思議なことに昨年まではこんな症状はなかったのですが。年のせいでしょうか・・・!?
耳鼻咽喉科で告げられた病名は、副鼻腔炎
では・・・耳鼻咽喉科の病気!副鼻腔炎とはどのような病気でしょうか・・・!?
副鼻腔炎にも急性と慢性の2種類があるようです。

1:急性副鼻腔炎
鼻の奥からでている膿性鼻汁
―いわゆる鼻かぜ(急性鼻炎)から起こり、ウイルス感染から細菌感染へと移行する場合が多い。虫歯から感染する場合もあります。
―鼻づまり、鼻みず(ねばっこい黄色い鼻みず)が主な症状で、頬が痛い、鼻のつけ根が痛い、おでこのあたりが痛いなど症状もでます。全身的には熱がでたり、体がだるかったりもします。
―全身的に抗生物質、消炎剤などを投与します。局所には血管収縮薬を使用して粘膜の腫脹を取り去り、分泌物の排泄をよくします。さらにネブライザー療法を行います。

2:慢性副鼻腔炎
正常の副鼻腔CT像
黒っぽく抜けている 副鼻腔炎のCT像
灰色っぽく陰がでている
―慢性化の原因にはいろいろなことが言われています。体質、アレルギー、細菌の種類、鼻腔や副鼻腔の形態などです。
―鼻づまり、黄色鼻漏、嗅覚障害が主な症状です。頭痛や頭重感もよく訴えられる症状です。気管支炎、気管支拡張症を合併している場合(副鼻腔気管支症候群)には、鼻汁のみならず咳や痰も多く出ます。
―急性の場合と同様の治療を根気よく続けます。重症の場合は手術になります。以前は上顎洞と篩骨洞の病的粘膜を除去する根治手術が主に行われていましたが、最近では内視鏡やレーザーを用いて鼻の中から副鼻腔との交通を良くする機能温存手術が発達してきており、外来手術の可能な例が増えています。
その他、耳鼻咽喉科の病気についてはこちらから・・・!

↓↓
☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・

posted by 健康に感謝 at 17:23 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 病院

緑内障!日本人の40歳以上20人に一人が、その原因は・・・!?

緑内障!について・・・チェックしてみましょう。
日本人の40歳以上20人に一人が、その原因は・・・!?
↓↓
眼の丸みを保つ力を眼圧といいます。眼圧が高くなると視神経が傷害されて、見える範囲(視野)が欠け、見えづらくなります。その状態が緑内障です。
日本人の40歳以上20人に1人が緑内障と推定されています。
緑内障の原因はいろいろありますが、今回紹介するのは最も多いタイプについてご説明します。
↓↓
眼の中には血液の代わりとなり栄養などを運ぶ、房水と呼ばれる液体が流れています。この房水の排出口が目詰まりを起こし、眼球の中に房水がたまると眼圧が上がります。
それで、「蛇口を閉めて」房水が作られる量を抑える目薬、あるいは「排出口を広げて」房水が出ていく量を増やす目薬を組み合わせて治療していきます。
↓↓
2001〜2004年に全国調査された「視覚障害の原因の実態」によれば、緑内障は、日本人の失明原因の第1位です。
しかしながら、定期的に検査を受け、規則正しく目薬をさせば、決して怖い病気ではありません。
緑内障の進行を防ぐ為に、生活習慣にも注意してください。
ストレスは悪化させる原因の一つです。まずは悩みや不安を溜め込まず、リラックスした生活が第一です。適量であれば、お酒をたしなむことも結構です。適度な運動を心がけ、読書やテレビを楽しみましょう。
日々の治療では、目薬をさし忘れないように注意してください。でももし忘れたときでもあわてないで、思い出したときにすぐさしてください。そして次からは、いつもの時間で点眼してください。もしも、目薬だけでがんあつのコントロールがつききにくいとき、あるいは視野の欠損が進行した場合には、飲み物や手術など治療の方法があります。心配なときは遠慮なく、かかりつけの眼科に相談してください。

↓↓

☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 10:47 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 緑内障

がん治療最前線!「重粒子線がん治療」とは・・・!?

がん治療もココまで進んできているのですね・・・!?
九州新幹線の全線開通を2010年3月に控えた新鳥栖駅
じつはこの新鳥栖駅前に2013年(平成25年)の開業を目指してがん治療センターの建設が予定されているのです。
↓↓
その名称も、「九州国際重粒子線がん治療センター」!
この治療法は・・・!?放射線の一つである重粒子線をがん細胞にピンポイントで照射し、悪い細胞だけをやっつける。それがこの治療法の原理です。
痛みがなく、患部だけに照射するから副作用が少ない。また、体にメスを入れないから通院治療が可能です。
九州新幹線の鹿児島ルートと西九州ルートのクロスポイントとなる新鳥栖駅(建設中)の前に、放射線の一種である重粒子線をあてて“がん”を治療する「九州国際重粒子線がん治療センター」(サガハイマット)を設置するプロジェクトが進められています。
九州唯一となるこの重粒子線がん治療は、世界最先端のがん治療法です
“切らずに治す”体にやさしい治療法で「痛みがない」「副作用が少ない」などの特長があります。民間主体で進められているこのプロジェクトを、佐賀県は積極的に支援しています。
 日本人の死因の3分の1を占める“がん”ですが、従来からある治療法にこの重粒子線がん治療が加わることで、治療の選択の幅が広がることを期待しています。

↓↓
☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 21:33 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | がん治療最前線!

お酒の新常識・悪酔い解消法!忘年会シーズンを迎えて・・・!?

2010年ももう少し。忘年会のシーズン!です。先日テレビではこんな放送がされていました。
からだナビ!タイトルはこちら・・・
お酒の新常識”(忘年会シーズン!)を迎えて・・・
↓↓
お話は、九州大学病院、肝臓、膵臓、胆のう内科。
九州大学医学部研究院、すい臓研究室主任。
伊藤鉄英先生
↓↓
1:悪酔いしにくい飲み方とは・・・!?
正解:玉子焼き!キーワード!・・・高たんぱく
アルコールの分解を助け、肝臓の働きを促進する。
例:チーズ・枝豆・豆腐・魚・・・等をつまみにして飲む。

2:お酒のチャンポンは悪酔いするか・・・!?
正解:×
あくまで酔いの程度は「アルコールの量」!
チャンポンで悪酔いする理由は、酒の種類を変えると、「口当たりが変わり飲みすぎる」。

3:悪酔いしにくい飲み方は・・・!?
例:1日目・・・ビール、ワイン、ウイスキーの順番で飲む。
  2日目・・・ウイスキー、ワイン、ビールの順番で飲む。

女性3人に試してもらったところ・・・
1日目の飲み方では、血中濃度は低め。
しかし、2日目の飲み方では、1日目の濃度より高い血中濃度の数字が出た。
↓↓
1日目より、2日目のほうが「度数の高いアルコール」から飲んでいる。
空腹時に、度数の高い酒を飲むと、吸収が早くなり、肝臓がアルコールを処理できない。
いきなり全身に酒が回る為、「血中濃度」が上がった。
↓↓
酒の種類で見たアルコール度は・・・!?
    ビール5%、ワイン12%、ウイスキー40%、
<ポイント!>
    悪酔いしにくい飲み方は・・・!?
    アルコール度数の低い酒から、ゆっくり飲むこと。

4:悪酔い解消法は・・・!?
問:悪酔いしたら風呂で「汗をかく」と良い。 ○か×か・・・!?
正解:風呂で汗をかくのは×。

<ポイント!>
    1:水分補給(スポーツ飲料など)。
    1:果物や野菜でビタミン補給。・・・を

↓↓
くれぐれも車!に・・・乗るなら飲むな!

CIMG5100.JPG

↓↓
☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 19:47 | 福岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | お酒の新常識!

冷えは万病の素!がん、免疫力低下、生活習慣病など老いのサインでも・・・!?

ガンや脳卒中、生活習慣病、日々の体の不調から心の病まで、様々な病気の原因は“冷え”にあると考えられます。
冷えは万病のもとであり、老いのサイン。体を温め、日枝を取りましょう。
↓↓
冷えは万病の素!がん、免疫力低下、生活習慣病など老いのサインでも・・・!?
現代は女性も男性も冷えています。どうか、冷えの怖さを知ってください。
冷えの影響で、免疫力も低下を・・・!
↓↓
ガンと冷え!
体が冷えていると、HSP(ヒートショックプロテイン)のような有用なたんぱく質が生成されなかったり、異常な細胞を修復する体のシステムがうまく働かなくなったりして、体が本来持っている、ガンへの攻撃を弱める可能性が高いと川島朗先生は考えられています。

ガンになる異常遺伝子を破壊する機能を持ったリンパ球の数も、体温が下がると減少し、免疫機能が低下することが知られています。
冷えの解消だけで、ガンが治るとはいえませんが、少し生活習慣を変えてみることも、病気を治したり改善したり進行を抑えたりする方法のひとつになりうると、実感しています。

冷えは自分で改善できます!
↓↓
☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 23:53 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。