☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・

■病気入院を機に生涯係わる病院とくすりとの人生!
数回にわたる入院生活。闘病生活を上手に前向きに過ごすにはどうすれば!?
私はこうして病気と付き合っている。






スポンサードリンク

花粉症患者は人口の約16%に?“食べて治す”「スギ花粉症治療米」に注目が・・・?!

今春のスギやヒノキの花粉飛散量?!関東、東北、北海道では昨年の3〜7倍に――。
日本気象協会が発表した今春のスギやヒノキの花粉飛散量だ。日本の花粉症患者は人口の約16%に上るといわれる“食べて治す”「スギ花粉症治療米」に注目が・・・?!
↓↓
国内で約2千万人の患者たちは、花粉の大飛散を前に、一体どう立ち向かえばいいのか。現在研究が進んでいるのが、副作用や通院の負担が少なく、誰もが安全に治療できる方法・・・?!
実は、そんな夢のような治療法の研究が、現在進行中だ。それが“食べて治す”、「スギ花粉症治療米」だ。
↓↓
☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 13:13 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症

PM2.5! 大気中に浮遊する粒子状物質が人間の体に及ぼす影響は・・・?!

今年に入って日本国内で盛んにニュースでも取り上げられている一つに、PM2.5がある。
そもそもPM2.5って一体どのようなものでしょうか?
PM2.5(ピーエムニーテンゴ)【英】Particulate Matter 2.5 のことであり、[略]して、PM2.5 と呼んでいます。
↓↓
直径が2.5μm以下の超微粒子。微小粒子状物質という呼び方もある。大気汚染の原因物質とされている浮遊粒子状物質(SPM)は、環境基準として「大気中に浮遊する粒子状物質であってその粒径が 10μm以下のものをいう」と定められているが、それよりもはるかに小さい粒子。
PM2.5はぜんそくや気管支炎を引き起こす。それは大きな粒子より小さな粒子の方が気管を通過しやすく、肺胞など気道より奥に付着するため、人体への影響が大きいと考えられている。
代表的な微小粒子状物質であるディーゼル排気微粒子は、大部分が粒径0.1〜0.3μmの範囲内にあり、発ガン性や気管支ぜんそく、花粉症などの健康影響との関連が懸念されている。

関連記事:微小粒子状物質(PM2.5)とは・・・?!

↓↓
☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 20:28 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境用語

注目のがん治療!切らずに治す「サイバーナイフ治療」とは・・・?!

がん治療最前線
1月27日(日)の日テレ「シューイチ!」で放送されていた内容がこちら。
注目のガン治療(切らずに治す)・・“サイバーナイフ”!
*新百合ケ丘総合病院、サイバーナイフ診療部、宮崎眞一郎部長!
サイバーナイフ治療のできる最新型器械があるのは現在のところ、日本に2台。?
サイバーナイフのポイントは・・・PET-CT
1:PET(がん細胞を発見)2:CT(臓器病変を形で見る)3:アームが動く。
↓↓
サイバーナイフ治療とは?!」
1:がん細胞に対して細かいエックス線を照射がん細胞を死滅させる。
2:正常な細胞への影響を最小限に抑える。
3:サイバーナイフ治療の保険適用は?!
頭と首の治療のみ。治療費:約18万円。
4:サイバーナイフ治療は、標準的な治療とは認められていないため、治療実績、症例が少ない。
5:珍しくはないけど、まだ数は少ないと思います。
↓↓
☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 18:47 | 福岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | がん治療最前線!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。