☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・

■病気入院を機に生涯係わる病院とくすりとの人生!
数回にわたる入院生活。闘病生活を上手に前向きに過ごすにはどうすれば!?
私はこうして病気と付き合っている。






スポンサードリンク

神経管閉鎖障害!妊婦さん「葉酸」もっと摂取を・・・

背骨や内臓が正常に発達せず、歩行困難などの症状が表れる、
神経管閉鎖障害」を持って生まれる子供の率が、・・・
日本では世界的に見て非常に高いのだそうです。

この原因は?・・・ビタミンの一つである「葉酸」の摂取量が妊婦に不足しているのが原因の一つといわれています。

専門家たちは4月3日を「葉酸の日」と決めた。・・・といった記事もありました。

つまりこれから赤ちゃんを産む女性に「葉酸」の大切さを知ってもらうのが狙いのようです。

■葉酸は、ビタミンB群の一種
ほうれん草やブロッコリー、苺(イチゴ)等の緑黄色野菜や果物に多く含まれ、胎児の神経組織が発達していく際に必要な栄養素なのです。
厚生労働省の見解では、妊娠するか?、妊娠した女性の場合、・・・
望ましい葉酸の摂取量を1日あたり約499マイクログラムとしています。

いずれにしても、妊婦がバランスのよい食事を取ることが大事!
参考:ようさんたまご
http://www.pharmafoods.co.jp/products/yousan/index.html


☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 09:02 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | 男女関係

いい夫婦の悩みとは?・・・

今月11月22日(水曜日)は・・・
暦の上で、今日は何の日で見ますと・・・「いい夫婦の日

11:22⇔イイフウフ(いいふうふ)⇔良い夫婦


日本も世界に最たる高齢化と長寿国家に!


老いも若いも仲良く男女して、楽しく仲良く人生を・・・
健康に感謝を・・・

良い夫婦は・・・
http://tabiannai.seesaa.net/article/26948267.html

最近の家族間での、学校を取り巻く教育現場の事件には、
ほどほどうんざりしています。

どうしてこんな日本になってしまったのでしょうか?・・・

長い人生にはいろいろな悩みもあるでしょうが?・・・

身体の悩みは・・・
http://nayamikaisyo.seesaa.net/article/27654934.html




健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!


posted by 健康に感謝 at 16:06 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女関係

夫婦の気配り「男と女の違い」

あまり男と女とから・・・記事をはじめると・・・

ちょっと引いてしまいそうにもなるが?・・・

そうも行かない気になる本が出ていますよ。

”頭のいい夫婦気配りのすすめ!”

夫婦の危機を救う本_________ちょっとしたコツですれ違い解消!!

著者は、松本公平/ 家庭問題・人生問題カウンセラー

夫婦カウンセリング、20年の集大成

●内容は:「仲がよくなり幸せがやってくる『15の秘訣』」

*愛にもルールがあった。
*相手の欠点を指摘すると、さらに悲劇が!
*変えられるのは自分だけ。
*「口やかましさ」が不仲の原因。
*欠点は片目で見る。
*デリケートで壊れやすい、男のプライド。
*まず聞き上手になる。
*話し上手な「愛・トーク」
*夫婦間で特に多い「ありがとう欠乏症」
*注意するよりほめるほうが、何倍も効果的。
*男女の脳はこんなに違う。
*男らしさ女らしさで幸せに。
*意外と知らないせいの違い・・・など。


●=もくじ=

1:なぜ、夫婦間に亀裂が入るのか?
  <これだけは知っておきたい夫婦間のタブー>
2:夫をやる気にさせる会話の仕方とは!?
  <「愛・トーク」をマスターすれば2人に幸せがやってくる>
3:男と女の違いがわかれば夫婦円満に。
  <おしゃべりを楽しみたい女と、沈黙を味わいたい男>
4:夫婦に幸せをもたらす八つの愛情表現。
  <夫には賞賛を、妻には愛情を>
5:意外と知られていない男女の性欲の微妙な違い。
  <2人で極めよう「愛と性の喜び」>


■男と女はこんなに違いがあった!!


■頭のいい夫婦 気くばりのすすめ―ちょっとしたコツですれ違い解消!!



■新・良妻賢母のすすめ―愛としあわせを約束する26章



■新・良妻賢母のすすめ 結婚準備編―いかにして人生最高の伴侶を選ぶか



■頭がいい親の13歳からの子育て
posted by 健康に感謝 at 17:28 | 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女関係

ベストパートナー「うまくいく男女関係」とは?

毎日耳にするニュースの中で、
男女にまつわる事件事故がない日がないのでは?・・・

年齢を問わず、又国を問わず・・・何故こんなにも多いのか?

こんな言葉が・・・

「男は火星から、女は金星からやってきた」
{ Men are from Mars,Women are from Venus }



コレは「心理学者 ジョン・グレイ博士」の言葉の中に登場するのですが・・・

アメリカの著名な心理学者。

博士が開発した週末セミナー「男女関係」講座は、全米各地で開催され、
大好評を博している。
又、テレビやラジオ、新聞などにもカウンセラーとして登場し、
絶大な信頼を得ている。



何故そんなに人気があるのか!?・・・

■男女関係の分野で世界一売れた理由は?
1:お互いを改造するのではなく、理解するための本だから・・・

■共働きするカップルが知っておくべきことは?
2:職場はテストステロンが優位の環境。女性は職場以外で
ストレスを軽減する必要がある。

■男女がお互いのためにしてあげられる、簡単なことを教えてください?
3:男は黙って女の話を聞く、女は黙って男に仕切らせる。

■賢く美しく人間的にもよくできた30代女性に、
出会いがないのはなぜか?
4:男性は自分が何かをして上げられる女性に引かれる。
女性は「私には男性が必要」と意識する必要がある。

■日本で増えている熟年離婚についてどう思うか?
5:「夫を喜ばすことばかりやっているため、妻が不幸せ=不幸な関係」
の方程式。

■あなたの考えるベストパートナーとは?
6:結婚生活は愛と平和の実践の場である。

ベストパートナーとは、ベストフレンドではない。
女性も男性も、親友は同姓のヒトが必要。
パートナーにベストフレンドであることを望むのは求めすぎだ。
すばらしい関係とは、完璧な相手を意味しない。
私達はありがたいことに完璧でないからこそ、
常に成長し向上していくことができる。

     ↓      ↓

喧嘩したら仲直りをして、その結果成長すればいい。
そうやってパートナーにもより近づけて、愛が育つ。

人間関係とは精神的に成長し、自分自身という人間を作っていくための場だ。
私達はそこで、肝要になり、思いやりをもち、ヒトのために尽くすということを学ぶ。

     ↓      ↓

世界には戦争と対立が絶えない。・・・何故????

男女が愛を持続することに取り組まない限り、それは変わらないだろう。
身近な人間と愛し合うことを知らない人が、
よその国の人と心から触れ合うのは難しいだろう。
私達はみんなが愛と平和への希望を持って生まれてきたと思っている。
個人がそれを作る場が、結婚生活ではないか。


今一度、男女の関係について考えてみてはどうでしょうか?

おすすめの1冊です。

posted by 健康に感謝 at 18:47 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女関係
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。