☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・

■病気入院を機に生涯係わる病院とくすりとの人生!
数回にわたる入院生活。闘病生活を上手に前向きに過ごすにはどうすれば!?
私はこうして病気と付き合っている。






スポンサードリンク

美食同源!体に「吹き出物」に良い食べ物とは・・・?!

季節は秋、実りの秋、食欲の秋ですが・・・
何かと食べ過ぎにも注意が必要な季節でもあります。
↓↓
食べ過ぎに注意?!
吹き出物は、自然医学では体内の老廃物を排泄しようとする現象と言われています。
食べ過ぎや栄養過多になると吹き出物が出やすくなります。ですから、食べ過ぎに注意を!
↓↓
予防法ですが、腹八分目に病なし!と言います。
1:よく噛んで食べて、腹八分目を保つように心がける。
2:便秘も大敵!腸に物が溜まっていると老廃物が血液中に吸収され、皮膚から排泄しようとすることで吹き出物が現れることがおおいいと言われています。
↓↓
ではそんな吹き出物の予防に良い食べ物とは・・・?!
まずは、ごぼう!
フランスでは皮膚病の薬と言われ、食物繊維が多いいのでお通じをよくする作用と、老廃物を吹き出物としてではなく、汗腺、皮脂腺から出す作用があります。
すりおろしたごぼう汁を吹き出物につけてもいいようです。
また、同じようにキュウリにも、消炎、解毒作用があるので、食材としても外用薬の代わりとしてもオススメです。
ほかにも、ビタミンCが豊富で美肌効果のある、レンコン、セロリ、ジャガイモ。
そして、高酸化作用のあるぶろっkりーとアナゴは、皮膚粘膜を強くするので、意識して摂るとよいでしょう。
病気に負けない体をつくる料理を食べましょう。
参考資料:イシハラクリニック院長(石原結實)↓↓
☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 10:35 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 身体に優しい健康食

健康ライフ!発酵食品で野菜不足を補い健康に役立てる・・・!?

毎日の暮らしに暖かさをプラスオン・・・!?
健康のためには、バランスの取れた規則正しい食生活が大切です。
頭ではわかっていても、理想的な食事を毎日続けることは難しい。
たとえば仕事や家事で忙しかったり、好物ばかり食べてしまったり、
時には食欲がなかったり・・・
↓↓
現代人の食生活は、とにかく不規則になりがちだ。
また「健康には野菜が不可欠!」と考える人が多い反面、
実際は日本人の大半が「野菜不足」だという調査結果も出ている。

普段の食生活で十分な栄養を補えていないと、カラダにいつかおおきな負担が。
年齢とともに、健康への不安を感じる人が増えるのもうなずける。
↓↓
この慢性的な栄養不足を補うものとして“発酵”に注目した健康食品が近年話題になっている。

1:進む食事の欧米化、日本人は野菜不足。
2:発酵食品を健康に役立てる。
3:53種類以上の植物をじっくり自然発酵。
4:食べやすさも人気の理由。

ミドルエイジからの健康ライフ!は、植物発酵食品「万田酵素プラス温」がお勧めです。

↓↓

☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 09:18 | 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 身体に優しい健康食

医学の進歩と病人の関係は?・・・

王様のブランチ」でも(TBSテレビ系10/7放送)で、紹介され、・・・
OL・学生の間でも話題沸騰が、・・・

病気
の話で、病院、薬、医師、入院などの話は尽きないが、果たして・・・
そこばかりとらわれずに、
違った角度から今回は医学というものについて考えさせられる内容です。

その内容といいますのが、・・・
日米で30万人の胃腸を診てきた世界トップレベルの胃腸内視鏡外科医が
教える、太く、長く生きる方法。・・・についてです。
その内容は?・・・
食生活のあり方を根底から問い直す衝撃の書!”

◎流行の健康法にはうそがいっぱい。
◎「ヨーグルト」神話に疑問を感じるこれだけの理由。
◎やせたい人は「よい水」をたくさんとろう。
◎病気の大半は遺伝よりも習慣に原因がある。
◎便通がよくなる柿的な方法。
◎エンザイム(酵素)を補えば、食べすぎはなくなる。
◎セックスの1時間前に水を飲みなさい。
◎「胃腸」「腸相」の悪い人に健康な人はいない。
◎白米は死んだ食べ物である。
◎肉を食べてもスタミナはつかない。
◎マーガリンほど身体に悪い油はない。
◎まずいものを食べていては健康になれない。
◎薬はすべて基本的に「毒」である。
◎「よくかむ」「腹八分目」が健康によい理由。
◎チャプリンが73歳で子供をつくれたワケ。など・・・

■病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-


今一度、この本を通して、・・・
正しい生き方について考えてみるのも悪いことではないかもです。

健康について今一度考えてみてはいかがでしょうか?・・・


健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・



posted by 健康に感謝 at 17:09 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 身体に優しい健康食

毎日元気『秘伝のきび酢』で健康長寿!

健康で長生きを・・・それはみんなの願い!

ところで先日、TVを見ていましたら、「モデルの”押切もえ”さん」が、
ダイエットにもとても効果がある?・・・といっていましたが・・・!

そんな長寿日本一が、奄美群島「加計呂麻島(かけろまとう)」

奄美の人が長寿日本一の秘密は?・「幻の酢」と呼ばれる?にありました。

幻の酢とはきび酢・・・毎日の食生活にふんだんに使っているのが島の人たち。
秘密は、サトウキビと水にあり!!??
この島特有のサトウキビと天然酢と・・・
島特有の大気の中でしか熟成されないのが「幻の酢」と呼ばれる「きび酢
kibisu02.jpg

『きび酢の健康パワーは圧倒的。』
ミネラル分が豊富で、ポリフェノールが多く含まれている。
あなたもこの商品のパワーのすごさを実感してみませんか!

■奄美加計呂麻島産・かけろまきび酢♪
ズバリTV取材商品!さとうきび100%の天然醸造酢!



posted by 健康に感謝 at 07:57 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 身体に優しい健康食

和粗食で元気!「便秘対策・簡単料理レシピ!」

☆便秘対策「豆腐のきのこあんかけ」

【材料】1人分
・木綿豆腐・・・・・・・・1/2丁
・生しいたけ・・・・・・・・2枚
・しめじ・・・・・・・1/3パック
・えのき・・・・・・・1/3パック
・塩・・・・・・・・・・・・少々
・出し汁・・・・・・・・1カップ
・しょうゆ・・・・・・・小さじ1
・水溶き片栗粉・・・・・小さじ1


【作り方】

1:出し汁を弱火にかけ、適当にカットしたきのこ類を加える。
2:味付けし終わったら、片栗粉でとろみをつける。
3:熱湯にくぐらせておいた豆腐にあんかけをかけて出来上がり。


☆ポイント☆
便秘をすると肌荒れをしやすい人が多いので、
両方に効果があるきのこ類や大豆を摂取すると一石二鳥です。
きのこ類や海藻類はノンカロリーなので
ダイエット中の人にも強い味方です。

posted by 健康に感謝 at 01:29 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 身体に優しい健康食

和粗食で元気!「不眠症対策・簡単料理レシピ!」

☆不眠症対策「しらすのお粥」

【材料】1人分
・ごはん・・・・・・・・茶碗1杯弱
・しらす干・・・・・・・・・・40g
・万能ねぎ・・・・・・・・・・適量
・ごま・・・・・・・・・・・・適量


【作り方】

1:鍋にご飯とひたひたの水を加え、ふたを少しずらし
柔らかくなるまで弱火で煮込む。(焦げないように時々混ぜる)。
2:粥ができたら、さっと湯どうししたしらすと
小口切りしたねぎ、ごまをふりかける。


☆ポイント☆

ストレスなどの原因で不眠症に陥ることがあるので、
気分を静めるカルシウムを日ごろからとること。
脳の働きを活発にするビタミンB群も深い眠りにつながります。
また、適量のアルコールや暖めた牛乳などを
寝る前に適量を飲むのもよいでしょう。
posted by 健康に感謝 at 01:15 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 身体に優しい健康食

和粗食で元気!「冷え性対策・簡単料理レシピ!」

☆冷え性対策「野菜のピリ辛みそスープ」

【材料】1人分
・ごぼう・・・・・・・・5p
・こんにゃく・・・・・・1/4枚
・にんじん・・・・・・・1/4本
・玉ねぎ・・・・・・・・1/4個
・春菊・・・・・・・・2〜3本
・唐辛子・・・・・・小さじ1/2
・ごま油・・・・・・・小さじ1
・出し汁・・・・・1・1/2カップ
・みそ・・・・・・・・大さじ1

【作り方】
1:ごぼう・にんじんは笹がきにする。
玉ねぎはスライス。春菊、こんにゃくを適当な大きさに切る。
2:鍋にごま油を熱し、1の野菜類と唐辛子を炒める。
しんなりしてきたら出し汁を入れ、沸騰したら灰汁を取り、
弱火にしてみそを加え味を調える。


☆ポイント☆唐辛子に含まれるカプサイシンは、冷え性に効果的です。
また片栗粉やくず粉でとろみをつけ、体を温めるのもよいでしょう。
野菜は、生で摂取すると体が冷えるので温野菜にしてとること。


posted by 健康に感謝 at 01:00 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 身体に優しい健康食

和粗食で元気!「だるさ対策・簡単料理レシピ!」

☆だるさ対策「梅納豆巾着(きんちゃく)」

【材料】1人分
・納豆・・・・・・・・・1パック
・ねぎ(小口切り)・・・大さじ1
・しょうゆ・しょうが・・・・適量
・油揚げ・・・・・・・・・・1枚
・梅干・・・・・・・・・・・1個

【作り方】
1:納豆にたたいた梅干とねぎを加えよく混ぜ合わせる。
2:半分に切った油揚げに1を詰め楊枝で口をとじる。
3:オープンで焦げ目がつくまで焼いてしょうが、しょうゆでいただく。

☆ポイント☆
疲労回復には、ビタミンB群が豊富な食品をとって
エネルギーを補給します。
また、酸っぱいものや果物には疲労回復の原因を取り除く
クエン酸やリンゴ酸が含まれているので、
水を飲む時などレモン汁を加えると回復も早まります。
posted by 健康に感謝 at 00:24 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 身体に優しい健康食

和粗食で元気!「肌荒れ対策・簡単料理レシピ!」

☆疲れ目対策「ほうれん草と人参のゴマ和え」

【材料】1人分
・ほうれん草・・・・・ ・・・50g
・にんじん・・・・・・・・・・30g
・だし汁・・・・・・・・大さじ1/2
・しょうゆ・・・・・・・小さじ1/2
・白ごま(すったもの)・大さじ1強
・砂糖・・・・・・・・・・・・少々


【作り方】
1:ほうれん草は塩茹でして、3cm長さに切る。
にんじんは細切れにし、さっと茹でる。
2:白ごま、出し汁、しょうゆ、砂糖をよく混ぜ合わせておく。
3:1の野菜を2の和え衣で和える。

☆ポイント☆
疲れ目にはビタミンAが効果的です。
夏ならビタミンAが豊富なうなぎを摂取すれば
スタミナもつき疲れも飛ぶでしょう。
又睡眠不足などで体に不調があったりすると
目に疲れが出ることが多いようです。

posted by 健康に感謝 at 23:54 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 身体に優しい健康食

和粗食で元気!「肌荒れ対策に・簡単料理レシピ!」

和 粗 食で元気を創ろう!

肌荒れ対策「ししゃもと小松菜の焼き浸し」

【材料】1人分
・ししゃも・・・・・・・・2匹
・小松菜・・・・・・・・・30匹
・しょうゆ・・・・・・小さじ1/2
・酒・・・・・・・・・小さじ1/2
・だし汁・・・・・・・1/2カップ

【作り方】
1:ししゃもを焼く。小松菜は塩茹でして、3cm長さに切る。
2:だし汁・しょうゆ・酒を合わせて軽く沸かして冷ましておく。
3:2に、1のししゃも・小松菜を浸す。

☆ポイント☆
美しい肌を保つには、蛋白質・ビタミンB群、ビタミンCなどの栄養素が
必要です。
ビタミンCは熱に弱いので青菜類を茹でる時は、たっぷりの湯でさっと。
又脂肪分の多い魚は、焼き魚にして脂を落とす工夫をしましょう。

posted by 健康に感謝 at 23:51 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 身体に優しい健康食

夏の疲れには!「和粗食」で驚異のパワー

「粗食」なんて次見出し栄養もなさそう・・・
なんて、・・・あなたは思い込んでいませんか?

実は私達が忘れかけているこの日本の伝統食こそ、抜群に体においしい、
健康の源だったのです。
夏の疲れや体の不調にお悩みのあなた、ぜひ今日から挑戦してみて!

粗食こそ実は豊かな食事なのです。

「飽食の時代」「美食の時代」といわれる今日、私達が食べ物に
 不自由することはめったになくなりました。

しかし、油脂類や、糖分、添加物がたっぷりの食事が果たして本当に、
体にいい食事」なのでしょうか?・・・

実際、花粉症や、アトピー性皮膚炎の子供は急増しています。

さらには、がん患者さんも低年齢化しているのが現状です。

また、「長生きしているのはむしろ明治生まれの人たちではないか」
という疑問の声も多く聞かれるようにもなっています。

     ↓       ↓
これらのことは、実は現代の食生活が大きく影響しているといわれています。

日本人が伝統的に食してきたいわゆる「和粗食」とは「粗末・地味な食事」
という意味なのですが、実はこの「粗食」にこそ、驚くべきパワーが
隠されていたのです。

本来、日本人の食卓には「白米・玄米」を主食として、
旬の野菜を中心にあずきや豆腐、納豆などの豆類、わかめ、ひじき、
のりなどの海藻類、しめじ、しいたけなどのきのこ類、
それと、魚介類などが中心でした。

0609n_all_02.jpg豆類・乾物

0609n_all_01.jpg野菜・果物

0609n_all_03.jpg魚介類
まず、主食である玄米においては、
ビタミンB群、食物繊維が豊富に含まれています。
副菜である旬の野菜は味もよく、
安価でありながら、ビタミン類、カルシウムなどの栄養価も高いのです。

また、・・・

生でたくさんの量を摂取しにくい淡色野菜は、
漬物にして摂取すれば、おいしく食べられ、なおかつ、
ビタミンの破壊を防いでくれます。

豆類・海藻類ミネラル・食物繊維がたっぷりの栄養的に見てもほぼ、
完全食品であり、そのうえ、低カロリーな食品です。

魚介類は、良質の蛋白質、カルシウムなどを豊富に含んでいます。

「粗食」=「質素・貧相」と思われがちですが、実はこのように
栄養価も高く、季節も感じられる、いわゆる「豊かな食事」なのです。

私達が元気に生きていく上で欠かせない栄養素がたっぷりと含まれている
「和粗食」をあなたも試してみませんか!?・・・


旬の食材・健康レシピ



■たくさんとりたい野菜・豆類のおかずのレシピ!



posted by 健康に感謝 at 23:16 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 身体に優しい健康食
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。