☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・

■病気入院を機に生涯係わる病院とくすりとの人生!
数回にわたる入院生活。闘病生活を上手に前向きに過ごすにはどうすれば!?
私はこうして病気と付き合っている。






スポンサードリンク

紫外線対策の季節が到来!ところで紫外線の種類と予防はどうすれば・・・!?

紫外線対策の季節が到来!ところで紫外線の種類は・・・!?
まず、紫外線とはいったい・・・!?

紫外線とは、地球に到達する太陽光線のうち、波長が短くエネルギーの高い光のことです。
太陽光線は、大きく3つにわけて、紫外線、赤外線、可視光線があります。
このうち、紫外線の波長は約200nm〜380nm(ナノメーター。1mの10億分の1の長さ)、可視光線が380nm〜760nm、最も長い赤外線が760nm以上です。
可視光線は地上に光を、赤外線は熱を送っています。
紫外線は皮膚でビタミンDを合成します。
しかし、ビタミンDは冬の弱い太陽光線を浴びるだけで十分合成されることや、食事から摂取することも可能であることを考えると、紫外線はそのエネルギーの高さゆえに、地球上の生命体及ぼす有害な影響の方がクローズアップされざるを得ないようです。

ここで紫外線は、さらにUV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられます。 このうち、UV-Cと呼ばれる最も有害な紫外線は、ほとんどがオゾン層によって吸収されてしまうため、地球上には届きません。

CIMG6247.JPG紫外線の種類
↓↓
ところで、紫外線の予防はどうすれば・・・!?
UV-Aは太陽が最も高くなる5月に最も多くなります。しかしながら、最も少ない冬の時期においても、UV-Aは2分の1にしかならず、年間を通して紫外線対策をする必要があるようです。また、UV-Bはオゾン量が最も減る8月頃に最も多くなります。

紫外線を予防するには、もちろん紫外線に当たらないことが一番です。
しかし、生活をする上で、全ての紫外線を避けることは不可能といえるでしょう。
食事やサプリメント等でビタミンCを摂取し、紫外線に当たった後の対策をすると同時に、日焼け止め化粧品や日傘、帽子等を活用して根本的に肌に紫外線が当たらないようにする対策をとることが大切でです。

↓↓

☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 17:33 | 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 紫外線対策

紫外線から肌を守る!紫外線対策に欠かせないアイテムのひとつに・・・!?

>>紫外線から肌を守る季節ですが、・・・
そんな紫外線対策に欠かせないアイテムのひとつに・・・!?
↓↓
4月の声と共に、気になる天候が続いています。
それはもちろんのこと、女性の敵でもある「紫外線」!!

5月の行楽シーズンを前に、ここ数日を見ても天気予報を聞いていると、連日のように「紫外線対策」の注意が報じられています。

↓↓
もちろん男性も女性も紫外線には注意が・・・・!?
紫外線対策」といえば、UVカットを前提に、日傘、帽子、長めの手袋、スカーフ、サングラスなど・・・

何かと肌の露出が増える季節。春から夏、秋にかけて紫外線対策を怠らないようにしましょう。


☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 23:36 | 福岡 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 紫外線対策

侮れないがすごしの紫外線!車内の“うっかり日焼け”にご用心を!

夏本番、車でお出かけの際に、侮れないのがガラス越しの紫外線
車内のうっかり日焼けにご用心を!
↓↓
初夏の時期は紫外線の量が予想以上に多いもの。
日差しの強さを実感する前から、対策を施しておくのが美肌を守るコツです。
晴天の下、出かける際は、日焼け止めや、帽子でケアする人は多いですが、車を使う場合は、なおざりになっている場合が少なくないようです。
紫外線はその波長の長い順にA波、B波、C波の3つに分かれていますが、このうちC波はオゾン層で吸収されて地表に届くことはありません。
B波はレジャー紫外線とも呼ばれ、屋外の活動中、肌の表皮を赤くしたり、水ぶくれを生じさせ、残りのA波は肌の奥深く、真皮間で影響して、メラニンを作って肌を黒くしたり、しみ、そばかす、などの原因に。
↓↓
車の移動中に厄介なのがA波です。対策としては、・・・?
車内では長袖を着たり、長手袋をするといった対策が効果的。

☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・

posted by 健康に感謝 at 12:07 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 紫外線対策

夏本番、油断大敵! 紫外線対策をきっちりと・・・?!

夏本番、油断大敵! 紫外線対策をしましょう。

夏が待ち遠しいこのごろ。でもあの日差しはちょっと・・・?
夏が待ち遠しい理由のひとつは独特の開放感。

↓↓明るい日差しの下で過ごすのは楽しいだけでなく、日ごろのストレスを忘れてリラックスできますし、健康的なイメージがあります。
ところが、紫外線は肌の美容の大敵。
しかも、太陽ギラギラの暑い夏にはまだ間がありそうな春から初夏にかけて、紫外線は既にたっぷりと降り注いでいます。
ゴルフやテニス、海や山でのレジャーだけではなく、通勤やガーデニングなど普段の生活でも、この季節には大量の紫外線を浴びることになります。
今から真剣に紫外線対策を心掛けないと手遅れになりますよ。

↓↓紫外線は太陽光線に含まれる光の成分です。
人の目には見えませんが、長時間浴び続けているとシミやシワの原因となってしまいます。
特によく晴れた屋外では、しっかりとした対策をしていないと、長時間紫外線を浴び、肌に大損害を与える事になります。
また曇りの時は、太陽光線が出ていないからと油断しがちですが、あなどってはいけません。
光の量は少なくても紫外線の種類によっては、雲を突き抜け、地上に降りてくるからです。
紫外線は、春先の3月・4月からだんだんと強くなり、5月から夏にかけてどんどんと強くなっていきます。
外出する時は、しっかりと対策をして出かけるようにしましょう。


☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 09:09 | 福岡 | Comment(1) | TrackBack(0) | 紫外線対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。