☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・

■病気入院を機に生涯係わる病院とくすりとの人生!
数回にわたる入院生活。闘病生活を上手に前向きに過ごすにはどうすれば!?
私はこうして病気と付き合っている。






スポンサードリンク

食べて治癒力アップ!食生活の偏りが“うつ病”を引き起こす・・・!? ・・・って、ご存知でしたか!?

食べて治癒力アップを・・・!!
食生活の偏りが“うつ病”を引き起こす・・・!?
・・・って、ご存知でしたか!?
↓↓
やる気がおきない、物事に興味がわかないなど「気分障害」のひとつであるうつ病
特に就職や転勤など、環境が変わるこの時期はうつ病になりやすいといわれています。
↓↓
しかし・・・、実はそのうつ病、普段の食生活と深くかかわっていることをご存知でしたか・・・!?
あまり知られていないうつ病と栄養の関係

◎たんぱく質と炭水化物中心の食事が、心の安定を乱し、うつ病の原因に・・・!?
1:神経伝達物質の不均衡がうつ病をもたらす。
2:肉や左官を多くとり炭水化物は少なめに。

つまり、「うつにならない為には、たんぱく質を多くとり、炭水化物はごく少量にすることです。
フランス料理のコースを創造するとわかりやすいでしょう。
前菜から始まり、メインは肉か魚料理。パンはほんの少ししか食べませんよね。
コレをヒントに毎日の食事を組み立ててみると、うつにならない食生活がおのずと実践できると思います。」
うつが心配な方、・・・まずは食生活から見直してみてはいかがでしょうか・・・!?
↓↓
◎血糖値の安定は最低条件!(糖質の摂りすぎには注意)
安定したメンタル所帯を保つには、血糖値を安定させておくことが最低条件です。
ただし、注意したいのが、甘いお菓子で血糖値をあげようとすること。
仕事や家事の合間にお菓子を食べる人も多いかと思いますが、甘いものを摂ると血糖値が急上昇するため血糖値が乱れてしまい、うつ病を助長しかねません。
あまり知られていませんが、血糖値を緩やかに上げて、一定期間保たせるには、たんぱく質と脂質を積極的に摂る事です。
ちなみに例として・・・疲れたときは甘いお菓子の変わりにたんぱく質と良質な脂質、糖質をバランスよく含むアーモンドを食べるようにする。うつ病を防ぐ為にも糖質摂りすぎにはくれぐれも気をつけたいものです。

↓↓
☆健康に感謝☆病気との上手な付き合い方!?・・・
posted by 健康に感謝 at 12:25 | 福岡 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | うつ病!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。